家族を守る強いSE構法

耐震構法、SE構法|日本は、地震大国です。
今、大地震が起こってもおかしくないこの日本に私たちは暮らしています。
もしものことがあっても私たちの造る家は、絶対に家族を守る家でなくてはなりません。
大地震の時はみんなの命を守り、次の日も笑顔でいつもと変わらぬ日常を遅れるように!
私たちは、耐震構法SE構法を標準採用しています。

構造被害ゼロの実績

家族を守る家は、丈夫であることがとても重要です。
しかし阪神淡路大震災では、犠牲者の方々の89%が家屋の倒壊によって亡くなりました。
家族を守るはずの家が、人を傷つけてはならない。そんな思いからSE構法が生まれました。
SE構法は、これまで地震による倒壊0の実績。東日本大震災では1227棟のSE構法の建物が災害に遭遇しましたが、すべての建物が震災に耐え、構造被害ゼロが確認されたのです。

日本人が最も住みたいと願う「木の家」+鉄骨並みの強度

柱や梁を剛接合し、骨組み全体で建物を支えるラーメン構造は、信頼性や自由度が極めて高いことから、鉄筋コンクリート造や鉄骨造では一般的に用いられてきましたが、木造住宅でラーメン構造が取り入れられることはほとんどありませんでした。
SE構法は、信頼性の高い構造部材を用い、接合部を独自開発の金物で剛に接合することで、美しい木組みによる木造ラーメン構法による建物を可能にしています。さらに高強度の耐力壁を組み合わせることで、高い自由度と強い耐震性を持ち、コストパフォーマンスにも優れたバランスの良い構造躯体を作る事ができます。

安心を計算する

立体解析構造計算プログラムにより安全を証明

一般的な木造住宅は構造計算が必須ではないというのはご存知でしょうか。
SE構法は、木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施しています。さらに、立体応力解析で、あらゆる安全性を点検しています。台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。これにより構造上の木造住宅では実現できなかった大空間を可能にしたのです。

FEM解析による基礎設計

住宅を支える基礎構造は、地耐力や地域特性などを総合的に判断して設計すべきものです。
SE構法では、FEM(Finite Element Method:有限要素法)解析により、地盤に応じた最適な基礎設計を可能にしています。さらに基礎梁と耐圧版とを合わせて立体的に計算しており、地盤と家とをつなぐ基礎から、きちんと裏付けられています。

耐震性・耐久性のある構造部材

品質の安定した集成材

SE構法は、構造部材に平均強度が高く品質の安定した、エンジニアリングウッド(強度特性が計算・評価・保証された木材製品)を木骨として採用しています。
天然木材の長所をそのままに、一本一本が安定した強度を持ち、無垢材の短所である反り、ねじれ、割れ、伸縮などの問題もありません。

100年以上の耐久性が証明されたSE金物

地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用。
ラグスクリュー状のSボルトが柱と梁の接合部にしっかり食い込み定着することにより、木の収縮に対しても剛性を確保します。さらに主要な柱の直下に配置した柱脚金物は基礎に直接取り付けられるので、柱が土台へめりこむことなく、荷重を直接基礎へ伝達することができる為、地震などによる柱の引き抜き現象に対しても、圧倒的な強度を持ちます。
このSE金物はカチオン電着塗装されており、約600時間かけた塩水噴霧試験において、ほとんど試験前の状態と同じ品質レベルを保つことが出来ました。この試験時間は、標準地域では168年、塩害地域では100.8年分の負荷をかけた状態に相当します。

品質を管理するシステム

一貫した供給システム

SE構法で使用する材料は、品質協定を結んだ指定プレカット工場からのみ供給を行います。
構造設計の際に使用されるSE-CADを指定プレカット工場へ送ることで、プレカットデータと連動するため、正確な情報が反映されます。プレカットはコンピュータ制御の下、設計図通りにミリ単位の精度で加工されるので、水平・垂直を寸分違わぬように組み立てることが可能です。高い安全性能をお約束するために、どこよりも厳格な精度品質を求めています。

SE構法施工管理技士による監理

SE構法は、独自の施工管理技術が必要な為、どの建築会社でも建てれるわけではありません。試験に合格したSE構法施工管理技士が在籍し、一定の水準を有すると認められた「SE構法施工店」しか施工できません。 現場では、工程ごとにSE構法の定める品質基準を満たしているかをSE構法施工管理技士が厳しく監理します。

最大20年の構造性能保証

SE構法の住宅はこれまでに1万棟以上建てられてきました。
構造計算時の住宅の図面や構造躯体の施工管理データは全棟、 保管されております。
安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行しています。
これにより最大20年の構造性能保証を付けることが出来ます。

  • 家の数だけ夢がある JOB
  • Concept じょぶの家づくり
  • Process 家づくりガイド
  • Works 制作事例
  • Event イベント情報
  • Company 会社概要
  • joblog じょぶろぐ
  • kojiblog 工事ぶろぐ
  • Voice お客様の声
  • Renovation リノベーション
  • かわいい家photo

  • jobook 施工事例や家づくりへの思いが詰まった本をお届けします。 資料請求はコチラ
  • お問い合わせ お問い合わせ、ご相談、お見積りはコチラからお気軽にご連絡ください。 メールでのお問い合わせ
  • 資料請求