はじめにINTRODUCTION

家の数だけ夢がある

世界にひとつの大好きな家で、
大好きな家族とずっと永く暮らしていただきたい。
私たちは家づくりのプロとして、
責任をもって皆様の夢の実現をお手伝いさせていただきます。
大切な家族を守る強い家にしたい
一年中、風と光につつまれた、快適にくつろげる家にしたい
大きなリビングとウッドデッキで家族の休日ランチタイム
居心地のいいインテリアの中で自慢の手料理、私と家族の隠れ家カフェ。
無垢の床と白い壁、手造りのドアや家具、雑貨を並べる棚。
やりたいことはいっぱいあるけれど、
はじめの一歩を踏み出すには、少し不安ですよね。
でも、ほんの少しの勇気を出して、
自分の“好き”と“想い”そっとあたためてきた
“家族の夢”をわたしたちと一緒に叶えましょう。

家づくりで大切にしていること

安全、安心である事。

私たちのほとんどは、この地震大国で一生を暮らしていかなければなりません。大切な家族の命を守ってくれる丈夫で安全な家を、設計から施工、アフターメンテナンスまで、一貫して責任を負うことができる工務店であること。

永く住み続けられる事。

これまでの日本の短命で使い捨てのような家ではなく、高性能なスケルトン構造で家の価値を高め、無垢の床や建具など、手入れをすればいつまでも使えるものを大切に使い、将来のライフスタイルの変化にも建替えることなく、簡単なリフォームで対応できる。子供の時代になっても住み続けることができる本物の家づくりとすること。

人にも環境にも優しい事。

現在ではある程度、明確に定義付け数値化されてきている省エネ住宅。これからの日本の家づくりで本当に大切なことのひとつです。また、健康住宅。現在明確な定義はありませんが医学的には断熱の性能や、シックハウスなどが重要視されています。わたしたちが考える健康住宅は、家族みんなが心地よく楽しく暮らしていける家。それが大切な定義のひとつだと考えます。高性能+α、家族が仲良く、健康に笑顔があふれる暮らしができる家であること。

納得する価格であること。

やはり大切なところはコストです。理想と現実のバランスではなく、クオリティーとコストのバランスが大切です。お客様の感性と価値観をしっかりと把握し何がフィットするのか、本当に大事なものはなにか見極める。お客様の感性と価値観を理解して、プロとしての知識と経験で提案力があること。

job

100年企業を目指して
家づくりは人づくりから

私達は、創業当初より100年企業を目指しています。世の中からなくなってはいけない、世の中から必要とされ続ける企業が100年企業となる。じょぶがなくなってしまっては、今までじょぶで建てたお客様はもちろん困りますし、これから家を建てる方も、じょぶで建てることが出来なければ困ります。こんな家で暮らしたい、こんな人たちに建ててもらいたい。と心から思っていただきたい。そして「本当の家づくりは、ひとづくりからである。」という考えのもとに心の大切さを重視し、人財育成・社員教育を実践しています。創業当初の想いを大切に引継ぎ、常に会社の在り方を考え全てのお客様から、生涯のパートナーとして信頼される人間になり、全てのお客様から、愛される工務店になる。そして、全ての人が本当に安心、安全で幸せに暮らすことができる。それこそが、工務店本来の役割であるという思いを持ちわたしたちスタッフみんなで共有しています。

job