じょぶの家づくりCONCEPT

私たちは設計工務店として、本当に大切な事だけを詰め込んで、
ライフスタイルと飽きのこないデザインの提案で
あなたらしさを表現します。

土地探しからアフターメンテナンスまで
一貫した家づくり

  1. 土地探し
  2. 設計
  3. 施工
  4. アフター
    メンテナンス
資産価値のある家 構造 - どんな震災が起こっても家族の命を守りまたここで暮らせる為に。|設計 - 家族の想いをくみ取りプロとして暮らしをご提案。|性能 - 快適で、過ごしやすくずっと健康で暮らす為に。|素材 - 家族の肌に触れるものだからこそ人にやさしい自然素材を。|施工 - お施主様・じょぶ・職人さん皆で笑い合える三笑主義の家づくり。

私たちは土地探しも含め、設計から施工、アフターメンテナンスまで一貫して責任を負うことが使命であると考えています。お客様がどのような価値観をもって、どんな暮らしがしたいのか、まずはどんな土地で暮らしていくのか、しっかりとご予算を把握するところから始めます。全ての皆さま家にいくらでもお金をかけることが出来るわけではありません。だから、理想と現実のバランスではなく、クオリティーとコストのバランスを大切にし、お客様の感性と価値観をしっかりと把握し、何がお客様にフィットするのか、本当に大事なものは何かをプロとしての知識と経験で提案していきます。土地探しのお手伝いもさせていただき、土地と建物のバランスはどうなのか、その土地でどんな暮らしが出来るのか、とことん考えます。設計を人に委ね図面通りに家を建てるだけでは、本当の意味でその建物に対して責任を負うことは出来ません。私たちはプランはもちろん、建物の性能や構造にまで責任を持って設計し、家づくりをすることを大切にしています。

土地探し

土地を探すところから全力でサポートします

私達は、建てるだけではありません。
お客様の夢の暮らしを実現するための土地と建物のバランスや、
エリアの事、土地以外にかかる費用や総額、工程や住宅ローンの事など・・・。
安心して家づくりが出来る為に、私達は全力でサポートさせて頂きます。

土地探しの方にお伝えしたい事・・・。
「家づくりは土地探しから既に始まっています」

土地探しは、真っ白いキャンパスに夢を描く事と同じです。
何も無い状態から家を作り上げていく為「何をどのようにすればいいのか分からない」
という不安を抱えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。
いざ土地探しをされたとしても、不安はいつも付いてきます。
その不安をどのように解消するのか、問題点をどのように乗り越えればいいのか
その方法をしっかりとお伝えで出来るのは
工務店の私達だからこそ出来る事だと思っています。

構造

じょぶが耐震構法
「SE構法」を採用している理由

日本は地震大国です。
いつ地震が起こってもおかしくないこの日本に、私たちは暮らしています。
もしものことがあっても、私たちのつくる家は、
絶対に家族を守る家でなければなりません。
大地震のときは家族の命を守り、
次の日もいつもと変わらぬ日常を送れるように、
私たちは耐震構法「SE構法」を採用しています。

阪神淡路大震災の過ちを二度と繰り返さない

阪神淡路大震災の過ちを
二度と繰り返さない

住む人を守るはずの家が、人を傷つけてはならない。こうした想いがSE構法に結びつきました。

地震を想定して備えるそれが「構造計算」

地震を想定して備える
それが「構造計算」

すべての家は、立地条件が異なりプランが違う。この事実のもとSE構法は常に「あなたの家だけのための構造計算」を行っています。

地震にも台風にも強く資産価値を保つ「木の家」

地震にも台風にも強く
資産価値を保つ「木の家」

SE構法は、家の構造躯体の安全性・耐久性は数値で証明され、検査・保証された上で書類化され、この書類が将来的な家の価値を証明する証となります。

構造計算

建物の安全性や構造性能を検証するには、構造計算が必要です。
構造計算とは、地震や台風等によって建物にどのような力が生じ、
建物がどのように変形するかを解析し、
その変形や力に建物が耐えられるかを判定することです。

鉛直荷重

鉛直荷重

建物の重さを読み解く

風荷重

風荷重

風の力を読み解く

地震荷重

地震荷重

地震の力を読み解く

層間変形

層間変形

どこまで変形するか

偏心率

偏心率

ねじれやすくないか

剛性率

剛性率

各階の堅さのバランスは良いか

部材の安全性の検討

各部材・接合部は安全か

柱・梁・土台・耐力壁・接合部にかかる力を解析し、その力に耐えるように構造設計します。

性能

心地良い暮らしを支える性能品質

じょぶがご提案する家は、
家族が快適に、そしてずっと永く暮らすことの出来る家。
そのためには、高い性能品質が必要不可欠です。
何年経っても心地良く暮らしていただけるように、
良いものを使って永く暮らせる家をご提案します。

環境性能指標

Q値 熱損失係数=1.6W/m²・K 以下 どれくらい熱が逃げにくい家なのかを示した数値。値が小さいほど熱が逃げにくいです。
[参考: HEAT20 G2基準は1.6W/m²・K以下]
UA値 外皮平均熱貫流率=0.46W/m²・K 以下 どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのかを示した数値。値が小さいほど熱が逃げにくいです。
[参考: HEAT20 G2基準は0.46W/m²・K以下]
C値 相当すき間面積=0.6cm²/m² 相当(ご希望により測定) どれくらい家にすき間があるのかを示した数値。
C値が小さいほどすき間が少ない家です。
ηAC値 冷房期平均日射熱取得率=1.5 以下 夏に家にどのくらいの日射が入ってくるのかを示した数値。
値が小さいほど、夏の日射熱の遮蔽効果が大きくなります。
ηAH値 暖房期平均日射熱取得率=1.5 以上 冬に家にどのくらいの日射が入ってくるのかを示した数値。
値が大きいほど、冬の日射熱を多く取得します。
BEI 省エネルギー性能指標=0.7 以下 省エネ法の省エネ基準に基づいた一次エネルギー消費量のことです。
[参考:ZEH基準0.8以下]

基本仕様

耐震等級 等級3(最高等級)
耐風等級 等級2(最高等級)
温熱等級 等級4(最高等級)
長期優良住宅認定 全棟長期優良住宅仕様
防火性能 全棟省令準耐火構造(火災保険料が半分程度に軽減される)
通気工法 壁・屋根に通気層を確保
配管方式 さや管ヘッダー工法
構造 耐震構法SE構法(全棟構造計算書付き) ※計算方法:許容応力度計算
基礎 FEM解析基礎(耐圧盤ベタ基礎)
防蟻 Jotoキソパッキング工法・ホウ酸
断熱材(屋根) 硬質ウレタンフォーム吹付(A種3)120mm厚 + 気密防湿シート
断熱材(壁) 硬質ウレタンフォーム吹付(A種3)210mm厚 + 気密防湿シート
断熱材(床) A種フェノールフォーム保湿板1種2号60mm
高性能ハイブリット窓 + Low-eペアガラス(U値:平均1.7W/m2K)
玄関扉 寒冷地仕様の断熱木質系玄関扉(GADELIUSスウェーデンドア)
屋根 ガルバリウム鋼板(塗膜保証:15年)
外壁 モルタルの上、リシン吹付
内装扉 木製建具
床仕上 無垢フローリング
巾木 無垢材
壁・天井 珪藻土クロス・漆喰
キッチン システムキッチン(Panasonic)
浴室 ユニットバス(Panasonic)
トイレ タンクレストイレ(TOTO)
給湯器 エコジョーズ
洗面台 造作洗面台

青字(必須)以外の仕様に関しては、お施主様のご希望 に合わせてご提案・対応させていただいております。
※ZEH仕様の場合:太陽光パネル設置

素材

良いものをつくってながく使う

直接肌が触れるところには、
本物の木の素材や塗り壁をご提案しております。
無垢の床や塗り壁など、本物は使い込めば味になりますが、
シート状の素材はそのまま汚れ・傷になってしまいます。
また、じょぶの家はシート状の素材は使用しておらず、
窓枠材をとっても、本物の木材のみを使用しています。

無垢フローリング

無垢フローリングは、天然木ならではの見た目の優しさと、冬は暖かく夏はさらりとした快適な肌触りの良さを保ってくれます。温度とともに、湿度の調整をする為、室内の空気を快適な状態に保つこともすごいところ。ワックスなどでメンテナンスしてただくと、年月が経つにつれて味わいが増していきます。住めば住むほど愛着が湧き、良さを実感していただける素材です。

杉

パイン

パイン

ウォールナット

ウォールナット

オーク

オーク

チーク

チーク

自然健康塗料Livos(リボス)

じょぶの無塗装の無垢フローリングには、木に染み込むタイプの塗料を使用しています。そうすることで、木の温もりはそのままに木の呼吸を止めることなく、無垢材特有の長所である調湿性能を生かすことが出来ます。

漆喰

暮らしを包み、やさしく見守る漆喰仕上げは、住まい手とともに年を重ね、古くなるほどに味わいが深まります。

珪藻土クロス(エコクロス)

じょぶで使用しているエコクロスは、自然の紙と土が成分になっている為、通常のビニールクロスに比べて、塗り壁のような味わいのある風合いが楽しめます。また、原料が紙と珪藻土の自然素材で出来ており、万が一の火災の際にも有毒なガスが発生する心配がありません。施工方法は、ビニールクロスと同様の為、限られた予算の中でも、憧れの塗り壁を再現する事が出来ます。

設計

じょぶのご提案している
パッシブデザイン

太陽の光を基準に採光と日射取得を考え風の通りを考えたプラン

採光

吹き抜けを使用し家の奥まで日差しが入るように計算。

正午で南面より78度前後の角度からの入る日差しを、家の中に入れないように、屋根(軒)や庇を使い遮り、日射をコントロール。

正午で南面より32度前後の角度から入る日差しを、家の中に取り込むために、屋根(軒)や庇の位置から、窓の高さを検討します。

光を取り込むのは主に窓から。窓は断熱性の優れた高性能ハイブリット窓を使用し、家の熱が外に逃げにくくなると共に、外からの熱の影響も受けにくくなります。

日射をコントロールする事で、住み心地がよくなるだけでなく、エアコンの冷暖房の設定温度も下げすぎたり上げすぎたりと、過度に設定しなくてもよくなります。月々の電気代にも良い影響が出る

夏
冬

風の通り道をつくり心地いい気候を家の中まで。

風の通りがよい家は、春や秋などの気候の良い時期に効果を発揮します。家の中を自然な風が通る事で得られる心地よさは、エアコン等にはない心地よさをもたらします。さらに、夏は室内の熱い空気を外に出しやすくなる効果もあるため、エアコンで冷房をするときにも効果が上がります。

風

施工

じょぶらしさを支える施工力

工務店の最も大切な役割は、安心安全の家づくりです。
品質の管理・工程の管理・予算の管理、
お客様がすべてに於いて安心していただけるのは、
現場で長年培い、継承された知識や経験、技術=施工力です。
安全な構造、快適な性能も充分に発揮できるかどうかは
すべて施工力にかかっています。
デザインや性能はもちろん大切ですが、安心できる施工力を、
家づくり工務店として大切にしています。

全棟9回検査

お客様に安心・安全な家で暮らしていただくために、私たちは、完了検査も含め9回の検査を大切にしています。 家づくりのプロとして、お客様では分からない本当に大切な工程での検査。“一生の家守としての責任のスタートがここにある”との思いで全棟9回検査を実施しています。

大工会・じょぶ会

じょぶには経験豊富なベテラン大工さんから、パワーのある若手大工さん、女性の大工さんまで20名以上の専属大工さんがいます。また、家を建てるためには、たくさんの業者さんが携わります。 じょぶ社員と共に同じ家づくりをする仲間同士、心を一つにし、理念を共通しております。じょぶの様々な行事、会議、勉強会、イベントなどを通して互いにコミュニケーションを図るともに成長していけるような協力会を目指しています。

近隣挨拶・ポスティング・清掃

住まいづくりは家を建てるだけではありません。周辺への配慮がとても大切です。工事期間は半年足らずですが、お客様はこれからずっとその地域にお住まいになります。私たち工務店の工事中の印象によって、お引越し後のお客様に対する近隣の皆様の印象は変わります。そのため、じょぶでは周辺の環境づくりを含めた住まいづくりに取り組んでいます。

job