本文までスキップする

Joblog
じょぶろぐ

ボーリング調査

こんばんは。TOSHIです。
本日は布施の岸田堂プロジェクトで、地盤のボーリング調査がありました。

ボーリング調査とは、正式にはボーリング・標準貫入試験と言い、
Boring(=くりぬくこと)によって掘削した孔を利用して、
1mごとに地盤の硬さを測定する標準貫入試験を行なう調査です。
通常は、土のサンプリングと同時に行なわれます。
 方法を簡単に説明すると、
63.5kgのハンマー(おもり)を75cmの高さから自由落下させて、
サンプラーを土中に30cm貫入させるのに要する
打撃回数を測定する試験で、この時の打撃回数がN値です。

 スウェーデン式サウンディング試験との大きな違いは、
どんなに深い層でも、硬い層でも掘り進むことができることです。
あまり見たことがなかったので、UPしました。
また、珍しい工法があればUPします。