お客様の声JOB LETTER

東大阪市S様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 S様-
マンションの展示を見に行かれた事をきっかけに、家づくりをはじめられたS様。戸建を選ばれたのは、お住まいになるエリアの立地条件、また、お互いのご両親のことを考えての事です。偶然ホームページを見つけてくださったのが、じょぶとの出会いでした。

じょぶを選んでいただいた決め手は何でしたか?

ご主人:そもそも建売は嫌だったんです。どこが作ったかわからない家に住むのも嫌だったし、作っている工程や過程が分からないままに、完成した家に住むという事に、ものすごく抵抗感がありまして。だったら、工務店でお願いしようかと。家を建てるというのは、あくまでひとつの過程であって、建てる側からしたら、建った物を売ったら、そこで「おしまい」かもしれない。だけど、住む側からしたら、建ち終わった後からが、本当の「はじまり」ですよね。じょぶをはじめ、他のところでも色々と話を聞かせて頂きましたが、最終的には上記の点を含め、価値観や想いに共感できたので、じょぶに決めました。

じょぶとの家づくりは、どうでしたか?

ご主人:楽しかったですよ。うちは、じょぶから近いし、色々な事をワイワイ言いながら、一緒に完成させたような・・・そんな思いが強いですね。

家づくりで大変だったことはありますか?

奥様:予算との関係ですね。お金があったら、いっぱい色んな事してもらえるのになぁ、って。(笑)

ご主人:でも、その辺りも、先に明確に「その要望を叶える為には、これ位予算が上がります」と金額を提示してもらえたので、最終的にそれが理由で困るということは無かったですね。その過程が無く、プランを固めていってしまうと、後で「実際には、この金額だと無理」ってなる場面が出てきたと思うんです。でも、そんなことはありませんでしたね。自分達がやりたいことを引き出してもらって、その上で、金額を見積ってもらって・・・で、新たな要望が出てきたら、その都度「大体、これ位金額が上がりますよ」って教えてもらえたし「それを優先するなら、この部分を削るという方法もありますよ」という提案や、やり取りを色々と細かくしてもらえたので。予算の範囲内でどうやっておさめるか、というのも一緒に考えてもらえたのは、良かったですね。

今から家づくりされる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:とりあえず・・・じょぶと仲良くしてください。(笑)まだどこで建てるか決まっていないひとは・・・家づくりも、人と人との繋がりが大切になる話だと思うので、「この人(会社)とだったら、一緒にやっていけるだろう」と思えるところで建てる事を考えると良いと思います。あとは、疑問点があれば、絶対質問すること。考えを、きちんと相手に伝えていくという事が大事ですね。声を出さなかったら、伝わっていない可能性が高いと考えて。あと、これは建物とは関係ありませんが、近隣の方が、ちょっと・・・と思うところに住むと、たぶん後々しんどいです。子供にとっても過ごしやすい土地かどうか、という事は大切だと思いますよ。

Share

Archive

New posts

job