お客様の声JOB LETTER

宝塚市K様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 K様-
リフォームされたお友達の家を見て、そろそろ家を建てようかなーと漠然と思われ、家づくりをスタートされたK様。自身もじょぶの家づくりを知る為に、OB見学(陽だまりの家・stylish cube house)にも参加され、イメージブックなども活用しながら、土地探しからでしたが、土地探しから工務店決めまでは、意外にもすんなり進まれました。

じょぶを選んでいただいた決め手は何でしたか?

奥様:じょぶでリフォームをした友達の家が素敵だったんです。「あ、そんな細かい事までしてもらえるの?」っていう、衝撃がありました。

打合せを進めるなかで、どうやって建てたいお家のイメージを固めていきましたか?

奥様:スピーディーに進んでいきましたが・・・打合せを進めるうちに、当初のイメージとは全然違うものになりましたね。最初は「大阪の注文住宅」の雑誌をもとに、イメージ写真をスクラップしたりしていたので、自分の好みにそこまで近い感じではなかったんです。でも、打合せを進める中で、段々、自分達で好みの雑誌を集めてイメージするようになって、そこからイメージを固めていくことが出来ました。

家づくりで何を一番悩まれましたか?

奥様:オールステンレスキッチンに壁をつくった方が良いか悩みました・・・。でも、割と早くオープンキッチンに決めました。もとから造作キッチンが希望で、オールステンレスが厨房みたいで格好いいと思っていたんですが、それはすごく高価だったので、残念ですが諦めました。あと、キッチン収納がそんなに大きくないので、どこにどんな物を置くか現場監督さんと一緒にすごく考えました。

今のお家でこだわった事は何ですか?

奥様:大きな窓ですね。リノベーションをした友達の家の窓がとても大きくて、「これが良い!」と思いました。マンションの掃き出し窓しか知らなかったので。家づくりをする当初から大きな窓は絶対つけたいと思っていました。キッチンに立つことが多いので、キッチンに立った時の見え方とか結構こだわりました。あとは、今だに2階のパソコンスペースの横を通るときに見える景色に心が安らぎます。

もう少しこだわったら良かったと思うところは、ありますか?

ご主人:今になって思えば、もう一部屋欲しかったかな、と思います。

奥様:LDKに皆がいるので、ひとりになれる空間が無いんです。そういう部屋を作っても良かったかもしれないですね。あとは、1階のウォークインクローゼットがメインになっているので、もう少し大きくしたらよかったです。2階の収納には、普段使わない物を入れているので、1階と2階の収納の大きさが反対くらいでも良かったです。

この家のお気に入り場所はありますか?

奥様:ダイニングですね。一番こだわったキッチンって、言いたいところなんですけど、キッチンに立っている時って料理したり洗い物したり、バタバタしてるんですよね。なので、そのバタバタが終わった時に、ダイニングに座ってゆっくりするひと時が好きなんです。庭の緑を眺めたりして。こどもは階段で遊んでいることが多いです。お絵かきをしたり。(ストリップ階段だから)足を入れて、机として使っています。

今から家づくりされる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:思ったことを伝えること、ですかね。

奥様:そうそう、我慢しない!ことです。「こんなこと訊いたら、どう思われるだろう?」なんて思わないで下さい。そして、思いっきり家づくりを楽しんでください。

Share

Archive

New posts

job