お客様の声JOB LETTER

豊中市O様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 O様-
お子様が走り回れる家を建てたいという事で、土地の広い郊外や通勤の便の良い都市など様々なエリアで土地を3年ほど探しておられました。ですが、いざ土地が見つかった時、工務店が決まっていませんでした。そんな中、スーモカウンターでK様とじょぶは出会いました。

じょぶに決めた理由を教えてください。

奥様:かなりいろいろな工務店を廻りました。最終的には、じょぶともう一社で悩んでいましたが、他社で出た最後のプランが、私たちはずっと外から見えないような家にしたいという想いがあったのに、建築士の人が「こうしたい」という想いで、すごく大きな窓が付いたプランだったんです。そこで、今後打合せを進めていくのが不安になって…。ちょうどそのタイミングでじょぶの建てた「山手台の家」の完成見学会に行って、じょぶ良いな~ってなったんです。もともと、しゃべりやすいのはじょぶというのはありました。あと、打合せがしやすいのも良かったです。子供がハイハイの時期だったので、子供を寝転がらせるスペースがあるのは、ありがたかったです。決め手は、「山手台の家」と「じょぶスタッフ」と「とことん付き合ってくれるところ」ですね。少し無理を言っても、「考えますよ」と言ってくれたので。

吹抜けのあるプランに不安はありましたか?

奥様:大きな空間なので、「寒いだろうな」というイメージを持っていたんですけど、空調で不便を感じることはないので良かったです。逆に、吹抜けだと肩車してもぶつからないし、ボールを上に投げても2階と3階でキャッチボールとかもできるし、楽しい家になったと思います。

家づくりでこだわった事は何ですか?

ご主人:黒板と子供が走り回れるLDKです。あと、夫婦ともに本が好きなので、子供が家のどこにいても本に触れられることにもこだわりました。

奥様:私は、脱衣室と洗面室と物干し室の動線ですね。女ばかりの家で育ったので、誰かがお風呂に入っているときに洗面室が使えないのがすごく嫌でしたが、今ではとても快適になりました。

家づくりでこうしておけば良かったと思うことはありますか?

ご主人:年末までに住みたいという気持ちが先走って、急いで家づくりを初めてしまったんですが、スタートしてしまったらその流れに乗らないといけないので、今となってはスタートをそんなに急がなくても良かったと思います。

奥様:今になって住宅番組を見るようになって、「これやりたいなぁ」と思うことがあります。もう少し勉強して、自分の好きなものが分かっていれば、もっと設計の方に伝えることができて良かったかなぁと思います。

住み心地はいかがですか?

奥様:キッチンからリビングもウッドデッキも見れるし、だいたいどこにいても子供が見れて、何かあってもすぐに行けるから、丁度良いです。何より子供が走り回っているのがすごく嬉しいです。よく走るなぁ~ってくらい毎日ダッシュしています(笑)

お気に入りの場所はどこですか?

ご主人:ダイニングの奥の赤い椅子です。LDK全部が見渡せて、吹抜け上部の窓から月が見えたりもするんです。

奥様:私はキッチン横にあるベンチです。子供のお昼寝だったり、服をしまっている場所なので。3階からリビングの写真を撮るのも好きですね。吹抜けがないとなかなか味わえる景色ではないですし。あと、玄関の雰囲気もお気に入りです。玄関横の鏡は工事中に見つけてきて、「このサイズなんですけど入りますか?」って、すぐに設計の方に電話しました。玄関ドアの位置を少し変えて鏡を入れてもらえたので良かったです。

家づくりされる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:一生の買い物なので、ゆっくり考えた方が良いと思います。じょぶも付き合ってくれますし。あと、窓に関しては設計士さんの言うことを聞いておいた方が良いですよ。ちゃんと光の入り方とか風の流れ方を考えてくれるので。

Share

Archive

New posts

job