お客様の声JOB LETTER

宝塚市T様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 T様-
もともとお住まいだったお家を建て替えることになり、たくさんの工務店に足を運ばれていたT様。資料請求をした際に届いたjobookに心を惹かれじょぶにお越しくださいました。数年経った今でも、1年目と変わる事のない我が家で、快適な暮らしを楽しまれています。

じょぶに決られた決め手は何でしたか?

ご主人:最初は、住宅展示場でハウスメーカーを回って、その中で2社に間取りを提案してもらったんです。綺麗なモデルハウスを見て、「我が家もきっとこんな感じかも~」ってワクワクしてたんですけど、してもらったはずのヒアリングとはかけ離れた間取りととんでもない見積もりに、夢を打ち砕かれました。(笑)

奥様:それで、私がネットで工務店を探し始めたんです。工務店は、ハウスメーカーと違って、ヒアリングに沿った提案をして下さる会社が多かったんですが、間取りは、じょぶがずば抜けていましたね。良い提案の工務店も多かったのですが、私たちがどうしても譲れなかったのが、予算だったんです。
じょぶ以外の工務店は、「ここを削れば、予算内に収まりますよ。」とか「住宅ローンを借りれば」と言われて、家造りは楽しいはずなのに、段々打合せをするのが、楽しくなくなっていきました。
でも、じょぶでは予算を合わせるために、ただ仕様を下げたりするのではなく、代替案を提案してくれました。例えば、このメープルの床もそうなんです。はじめ、私たちは何も分からなくて、杉やヒノキの節の無いものを希望していましたが、元々節が嫌だっただけで、材種は何でも良かったので、提案していただいてすぐに採用しました。
最後まで、じょぶかもう1社かで悩んでいましたが、決め手になったのは、やっぱりじょぶのスタッフの方々の笑顔と温かさだったなぁと思います。
打合せの後は、いつも何だか幸せな気持ちになっている自分たちに気づいて、じょぶに我が家を建ててもらおうと決めたんです。

じょぶとの家づくりはいかがでしたか?

ご主人:本当に楽しかったです。友達とか家づくりが楽しかったっていう人が全然いないけど、むしろもう一回家づくりしたいくらいです。

奥様:現場が家から近かったので、毎朝現場を見に行って、大工さんとお話して、一緒に家づくりをしているっていう感じがしました。だから愛着がわくので、綺麗にしないとなって思います。すごく相談しやすい雰囲気なので、何でも相談していました。時計やゴミ箱一つ何にするか相談してました。普通、そんなことまでしてくれませんよね。笑

住まれてから、気づいたことはありますか?

奥様:珪藻土です! 諦めかけてたんですけど…本当にやってよかったです。クロスとは、全然違いますね。臭いが次の日に残らないとかもあるんですけど、湿度が全然違う事に初めは驚きました!2年くらい住まないと、この違いには気づけないですね。夏も冬も1階はすごく快適です。だから、もう少しお金を掛けて2階もやっておけば良かったってちょっと後悔してます。
あと、昔の家の時の光の入り方とか、風の抜け方とか知っているから特になんですけど、吹抜けがあるおかげで、光もすごく入って明るいし、風も抜けて、夏場でも窓を開けておけば涼しいくらいです。

こだわったけど、そんなにこだわる必要なかったなという事はありますか?

ご主人:トイレです。笑 自動で照明が付くとか蓋があくとか、どこかでそういうトイレを見て、当時は絶対やりたいと思っていました。便器も結構いいやつで、水栓とかカウンターの材とかもこだわってしました。
でも、今考えたら、トイレにかける費用を2階の珪藻土に回せばよかったです…。

奥様:照明をつけすぎました。プラン当初は、そんなに照明の数は、多くなかったんです。でも、私たちが明るさのイメージが付かなくて、照明を追加したんです。玄関の間接照明とか勝手口の所のダウンライトとか…、全然使ってないです。笑
じょぶには、そんなに必要ありませんよって言われてたんですけど。やっぱりプロのいう事は聞くべきでした…。
でも、あって困る事はないので、不便はしていませんけどね。

お気に入りの場所はどこですか?

ご主人:リビングですね~。吹抜けから差し込む朝日が気持ちいいんです。あとは、吹抜けの壁にプロジェクターで映像を映して映画鑑賞が出来るんです。ソファの近くの天井には、スピーカーも付けてあるんです。贅沢ですよね。笑
本来なら、予算内に収めるために一番に削られるところなんですけど、安くて天井にも取り付けられるスピーカーを探して来てくれて実現できたんです。そうでなかったら、削られてましたね。贅沢なんですけど、こんなの自分の家にしか出来ないから実現できて良かったです。これは本当にオススメです。本当に家の中で、映画館気分が楽しめますね。だから、家の中が快適すぎて、外出をほとんどしなくなりました。

奥様:私もリビングかな~。友達がたくさん来た時にダイニングテーブルを座卓にして、リビングに移動するんです。このダイニングテーブルは、脚はじょぶの大工さんに作ってもらって、天板は会長さんに教えてもらった材木市場で買ったものなんです。天板が乗ってるだけなので、脚を倒して、簡単に座卓にすることが出来るんです。

数年経っての我が家はいかがですか?

ご主人:5年経ってるけど(インタビュー当初)、あの時代の家だねとか5年経ってるよねとか古さを感じないんです。5年経っても1年目と変わらないっていうか。どこのお家に行っても、自分ん家がやっぱいいなって思って帰ってくるんです。あと、セントラル浄水器を付けているので、髪の毛もサラサラですし、乾燥肌だったんですけど、全然乾燥しなくなりました。ホテルとかに泊まっても体が痛いんです。笑

奥様:友達が来ても、帰りたくないって言って、長居して帰るんですよ。

最後に今から家づくりされる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人:自分たちの要望を初めから全て伝えて、小出しにせずに、まずはじょぶにお任せして、そこから話し合っていった方がいいです。素人の考える事なんてそんなに大したことないんだから、プロに任せる方が絶対に良いです。大きな買い物なので、お互いさぐり合わずに、信頼し合って、建てて終わりではなく、永いお付き合いの出来る工務店で建てるべきだと思います。

奥様:あと、私たち施主は、お金を払う立場だからと言って、上から物を言うのではなく、パートナーとして、一緒に家づくりをしていく事が大切だと思います。

Share

Archive

New posts

job