お客様の声JOB LETTER

守口市K様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 K様-
結婚をきっかけに、ご親族が所有する土地で家づくりを始めたK様。家づくり当初は奥様と大阪⇔高知の遠距離の中、工務店探しからプラン、見積りの打合せまでご主人がメインで動かれました。お家のタイトルは「みんなが集まる家」。どんな暮らしをされているか注目です!

家づくりを考え始めて、まずはどんなことから始めましたか?

ご主人:ネットやチラシ、雑誌などで工務店探しをしました。当時はまだ妻とは遠距離で、一緒に住んでいなかったですし、結婚もしていないし、子供もいなかったし、新しい生活をなかなか想像出来なくて、何が良いかも分からず…。

奥様:そうなんです。当時は実家の高知にいたので、ほぼ夫に任せていました。プランが出来て、細かいところを決めていくうちに、少しずつ新しい生活を想像出来るようになりました。

じょぶに興味を持ったのはどんなところですか?

ご主人:家づくりを考え始めた当初、鶴見緑地の住宅展示場に行って、たまたま入ったハウスメーカーの展示場が木の温かみがあって「木の家が良いな~」と思いました。じょぶは木の家で、耐震性も高く、おしゃれな雰囲気ということで興味を持ちました。

じょぶ以外にも検討されていた会社さんはあったんですか?

ご主人:最後まで、大手の住宅メーカーと悩みました。価格も安く、面積も大きくて、色々良くしてくれたんですけど…。最終的には夫婦で話し合って、「じょぶにしよう!」ってなったんです。

奥様:会社や人の雰囲気はやっぱりじょぶが良くて、永い付き合いをしていく上で、人との相性ってすごく大切だと思ったんです。

打合せではどんなことが思い出に残っていますか?

ご主人:個人的なことなんですけど…。小学校の担任をしているんですが、家づくりが始まった当時、小学校6年生の担当でかなり忙しかったんです。あと、怪我で入院をしたり…。色々重なったこともあって、大変でした。ただ、現場打合せが毎回楽しみでした。沢山打合せをしてくださった設計の小澤さんには本当に感謝しています。

奥様:初めは設計図だったものが、どんどん目に見えるかたちで具体的になっていくので楽しかったです。

住み心地はいかがですか?

奥様:すごく良いです。最初は新しい環境で慣れなかったんですけど、適度な広さで動線も良いし、光もしっかり入るし、住む時間が経てば経つほど「良いな」と思います。

ご主人:沢山収納を作って良かったです。自分達は持ち物がとても多いので、書庫が大活躍しています。洗面室も、最初のプランより広くしてもらって、正解でした。

お気に入りの場所やポイントはどこですか?

奥様:やっぱり黒板ですね~!

ご主人:え!そこなん!?(笑)やっぱりダイニングからリビングを見た感じですね。子供が遊んでいるところとか、沢山お客さんが来た様子とか眺めるのが楽しいです。

新居に住み始めて、今までの生活と変わったことはありますか?

奥様:家の前の掃除をするようになりました。結構タバコとか落ちていたりするんですけど、自分の家と思うと、しっかり掃除しなきゃ!と思うようになりましたね。余裕が出来たら家庭菜園を始めたいです。

ご主人:アプローチの芝を植えてみたり、人が沢山くるようになったので、バーベキューや鍋を沢山するようになりました。他にもやりたいことが沢山あるんですけど、まだ子供が小さいので、これからですね。

もう少しこうしておけば良かったと思うところはありますか?

ご主人:吹抜けのおかげで明るいし、空が見えたり良いなと思う反面、音が2階にも伝わってしまうので、そこはもう少し考えておけば良かったと思います。

奥様:子供が出来てみて気付くことが色々あって、例えば、ポーチと玄関の段差とか…。今だけの話ですが、ベビーカーを持ち上げるのが結構大変なので、そこは考えておけば良かったですね。

これから家を建てようと思っている方々にアドバイスをお願いします。

ご主人:価格はもちろん気になるところですが、欲しい!と思うものは全部入れた方が良いです。お金がかかっても、こだわるところはこだわって、他の部分で抑えたり…。やっぱり住みやすい家が一番です!

奥様:家づくりは時間がかかるので、途中ちょっと疲れたりすることもあります。それでも頑張って考えた分、「ここはコレにして良かった!悩んだ甲斐があった!」と満足出来る家になります。一生住む家なので、一生懸命になるのが大切です。

Share

Archive

New posts

job