お客様の声JOB LETTER

大東市I様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 I様-
築35年になるお住まいの老朽化とお子様の進学がきっかけで、建て替えを考え始めたI様。家族みんながつながる家にしたいというI様の想いとこだわりがたくさん詰まったお家です。タイトルは「家族の気配を感じる家」。住まわれてもうすぐ2年(インタビュー当初)になるI様の現在の暮らしに注目です。

家づくりを考え始めたきっかけは何ですか?

奥様:以前は、この敷地に築35年の家が建っていて、そこに住んでいました。ですが湿気の影響でカビがすごくてとても住める状態では無くなってきていました。

ご主人:丁度その時期に、子供がそろそろ小学1年生になるということがきっかけで、家づくりを考え始めました。

じょぶ知っていただいたきっかけは何ですか?

ご主人:家づくりを考え始めた当初、鶴見緑地の住宅展示場に行ったのが始まりで、何社か話をしていきました。色々な会社を見て回るうちに、行き詰まってしまって、スーモカウンターに行きました。そこで紹介された3社のうちの1社がじょぶでした。

じょぶに興味を持たれたのはどんなところですか?

ご主人:とりあえず3社すべてに足を運びました。じょぶに行った時に、社長と担当の営業の方のやり取りがコントみたいで、すごく雰囲気が良く、人柄がきっかけで興味を持ちました。そんな雰囲気なのに、いざ家の話になるととても熱くて、家づくりに対する想いに共感できたのでもっとじょぶのお家をみたり、話を聞きたいと思ったのが理由です。

じょぶにしようと思った決め手は何ですか?

ご主人:私達の都合で、プランから見積もりまで全てを超特急でしてもらいました。当初は2階建てで1階リビングの要望だったんですが、いざプランを見てみると3階建ての2階リビングでした!(笑)ただそれが私達家族の事をとても考えてくれているプランで、ここに任せたら大丈夫だと思いました。あとはSE構法で建てているところです。耐震をとても重視していたので。

じょぶとの家づくりは楽しかったですか?

奥様:とにかく楽しかったです!やっぱり人柄ですかね?人柄と私の好きな手作り感が残っている雰囲気がぴったり合っていました。

ご主人:造作の家具なども、妻はとてもこだわりが強いので、それに合わせて現場監督が助言をしてくれたり、予算と要望をちょうどいい兼合いで進めてくれたのも良かったです。

逆に大変だった事はありますか?

ご主人:妻は毎回の打合せを楽しみにしていたんですが、僕は途中で疲れてしまって、もういいんちゃう?となるときがありました。みんなこだわりが強いんですよ!でも今は、その大変な時間の積み重ねで良い家が出来たんだと思います。

こだわった所はどこですか?

ご主人:こだわったところはリビングですかね。吹抜けがあって、開放的で、大きな窓があって、フローリングの色、全体的な雰囲気を僕的にはとてもこだわりました。

奥様:リビングもですが、キッチンですね。油除けのガラスやタイルなど、助言をもらいつつ、とてもこだわりました。

もう少しこうしておけば良かったと思うところはありますか?

奥様:それがないんですよね。(笑)あげるとすれば、浴室&洗面を北側か南側のどちらに持っていくのが良かったのかなと考える事は有ります。南側だと、使う時間が多い朝に日をたくさん浴びれるんですけど、北側だと、人目に付かないので、大きな窓を設けることが出来たんです。結局は北側にしたんですけど、逆だったらどうだったのかな?とは思います。

ご主人:僕は特にないです。土地や予算なども含めて、120点です。以前は旅行が好きだったんですけど、今は居心地が良すぎて、行くのが億劫になっています。

お気に入りの場所はどこですか?

ご主人:僕はリビングが大好きです。こだわった部分で言った理由もそうですし、ここでくつろぎながらウットデッキで子供たちがプールに入って遊んでいる姿とかも見れて、雰囲気がすごくいいなと思います。

奥様:やっぱりリビングですね、最高です。動線的にも広さ的にもちょうどいいです。

これから家を建てようと思っている方々にアドバイスをお願いします。

奥様:家具とかにこだわりがある人は別ですけど、将来の使い方や家の雰囲気に合わせる点から、家具などはじょぶならではの造作にするのがオススメですね。

ご主人:色んな方の話を聞いて、その中でも自分のこだわりをしっかり持って、納得がいくまで妥協をせずにとことん打合せで話し合う事です。そうすれば、いざ家が出来た時に心から納得できる家になると思います。大変だけどとても大事な事だと思います。

Share

Archive

New posts

job