じょぶレターJOB LETTER

尼崎市M様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 M様-
住まわれて1年(インタビュー当初)が経つM様邸。白を基調としたシンプルなイメージの中にも、イナズマ階段やステンレスのキッチンが印象的な空間。土地探しからのご計画の為、土地探しからの家づくりの方は必見!家を建ててからの暮らしの変化や、住んでから気付いたことなど、参考になる情報が満載です。

家づくりのきっかけは何ですか?

奥様:結婚がきっかけです。

ご主人:家づくりを考えるようになって、まずスーモの注文住宅の雑誌を買いました。そこでじょぶを始め、数社資料請求しましたね。

初めてお会いしたのは、2年前の高槻の見学会でしたよね。

ご主人:そうですね。あの時は、漠然と家づくりを考え始めたばかりでした。見学会で一通り見て、一旦引き上げたんですけど、
「やっぱり話聞こうか」となって、見学会会場に戻りました(笑)

土地探しでは、どんなことをされましたか?

奥様:土地探し中は、まだ結婚していなくて、一緒に生活もしていなかったので、早く土地を見つけて、一緒に暮らしたいという気持ちがありました。じょぶから不動産屋さんを紹介してもらったり、ネットで土地を見たり、最終的には周辺を歩いて探したり…。

ご主人:通勤で電車を利用するので、利便性を重視して土地を探しました。土地はしばらく探していたんですけど、妻が「無い…もうここにしよう!」となり…(笑)とりあえず山本さんに連絡して、土地を見てもらいました。この土地にどんな建物が入るのか、ちゃんと光が入るのか…。打合せをすることで、安心して土地を決めることが出来ました。

じょぶでは、沢山のお家のイメージがある中で、M様のお家のようなイメージはわりと多くはないと思いますが、じょぶに決めていただいた理由は何でしたか?

ご主人:まず、住宅展示場に行って、ハウスメーカーは自分達の家づくりとは違うと思っていました。工務店は、じょぶ以外に2社見学して、テイストはじょぶよりもその2社の方が、正直、好きだったんです。それでもじょぶに決めたのは、担当の山本さんが良かったからですね!

建物の打合せで、楽しかったことや悩んだことはありますか?

ご主人:全部楽しかったです。大変だったのは、予算内でどこを調整するか…ぐらいですね。悩んだのは、床材です。沢山見学会に行ってみて、決めました。

家づくりで拘ったところはどこですか?

奥様:ステンレスキッチンと吹抜けです。キッチンを決めるのに、ショールームに沢山行きました。

ご主人:“俺の部屋”とイナズマ階段や、板貼りの天井、スイッチプレートなどなど…。

1年経ってみて、住み心地はいかがですか?

奥様:風の通りが思っていたよりもすごく良いです。あと、すごく明るくてびっくりました。建物の打合せで、3Dで光のシュミレーションをしてもらったんですけど、正直「本当にこんなに明るくなるのかな?」と思っていました(笑)実際にシュミレーション通りなので、半信半疑にならず、まかしておけば大丈夫ですね。

ご主人:住み心地は良いですよ。吹抜けのおかげで明るいし、天井が高く開放的です。

住まれてみて、もう少しこうしておけばよかったというところはありますか?

奥様:拘って選んだキッチンなので、見た目的に正面にコンセントがあるよりも、側面に付けた方が良かったかなと思います。今はソファであまり見えないんですけどね。

ご主人:照明器具をもっと拘っておけば良かったです。ダイニングのペンダント照明がFlameというメーカーのものなんですけど、階段や吹抜けの照明も、Flameの照明にしても良かったのかなと思います。あと、予算があればの話ですが、塗り壁にしたかったです。塗り壁だと、汚れても多少味のある感じにはなるのかなと。

新居での暮らしの中で、以前の暮らしから変化したことはありますか?

奥様:お花とか、緑が増えました。

ご主人:選ぶのも、水やりも、全部僕がやってるんですけどね…(笑)

これから家を建てようと思っている方々にアドバイスをお願いします。

ご主人・奥様:予算はちょっとぐらい上げても良いと思います。ちょっとでも頑張って、納得のいくものを選ぶと後悔しない家づくりが出来るはずです。

Share

Archive

New posts

job