じょぶレターJOB LETTER

高槻市A様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 A様-
お住まいになられて約1年(インタビュー当初)が経つA様邸。家事楽動線の他、壁面や階段下なども有効利用した抜群の収納量、室内干しスペースなど、暮らしやすい工夫が様々。田の字に配置した、家族の様子が見渡せる居心地の良いLDKや、吹抜けの開放感は、ご夫婦共にお気に入りの空間です。

家づくりのきっかけは何ですか?

ご主人:元々、3年が期限の社宅に住んでいました。いつか子供が出来たら、一戸建てに住みたいという想いが頭にあったので、社宅を出るタイミングで、一戸建てを買おうと思っていました。そんな中、妊娠が発覚し、予定よりも早かったですが、家づくりをしようとなりました。

奥様:家づくりをすると決まって、まずはNPO法人が開催している家づくり勉強会に参加しました。そこで、今金利が安いという事を知って、急いで家づくりを進めました。

家づくりを始めるにあたり、まず何をされましたか?

奥様:まず資金計画をしました。それで、建てても大丈夫な結果が出たので進めていったのですが、最初は何もわからなかったので、とりあえず住宅展示場に行きました。でも、展示場の家は大きすぎるし、高すぎて・・・。

ご主人:それで、注文住宅の雑誌を買うことになりました。その時は、注文住宅とハウスメーカーの違いも知りませんでした。

A様は土地探しからだったんですよね?

ご主人:そうです。初めはネットで土地を探していました。どこエリアが土地が多い・高いなどはネットで感覚がつかめましたが、やっぱり実際行ってみないと分からない事だらけでした。色々見ていく中で、エリアを高槻に決めて、更に学校区を決めて、校区内を車で実際見て回りました。そして、気になる土地を見つけて、管理している不動産屋さんに行ったのがきっかけで、そのままその不動産屋さんに土地探しを手伝ってもらいました。

奥様:土地探しの時は、工務店探しも同時にやっていました。でも結局は、工務店が決まってないと、土地が決まってもすぐ建てれないので意味が無いなと思います。

じょぶを知ったきっかけは何ですか?

奥様:スーモの雑誌でじょぶを知りました。好きな雰囲気の所を探して、6社くらい請求し、実際に行ったのは4社。そこからプランに進んだのは2社でした。もう1社が提示してくれたプランは、要望を全部盛り込んだプランでした。じょぶは、要望を踏まえつつ、採光を考えるとここに窓がいるなど、プロ目線での提案もしてくれて、とてもよく考えられたプランでした。要望をとりあえず全部盛り込んでくれるより良かったですし、結局素人の要望だったなと痛感しました。また、見学会に行った際に聞いた、性能面へのこだわりがすごくて、デザインをいいと思ってじょぶに行ったんですが、決め手は構造や断熱です。

家づくりで楽しかったこと・大変だったことは何ですか?

ご主人:何もかも大変で楽しかったです ( 笑 ) タイル・壁紙などの目にみえてイメージがつきやすいところは特に楽しかったです。

奥様:赤ちゃんがいる状態での土地探しや現場に行ったりなどは大変でした。あとは、寸法などを細かくこだわるとすごく大変だったけど、ピタッとはまって、これや!となった時はやっぱり楽しかったです。今は、インテリアをどうしようと考えることが楽しいです。

こだわったところはどんなところですか?

ご主人:やっぱり間取りですかね。LDKを田の字型プランにして、LDKや和室全体を見渡せるようにしたところです。

奥様:私は収納です。元々住んでいた家の物の量や、どこが散らかるかを考えて、キッチンの背面カウンターなども計画しました。

こうしておけば良かったと思うことはありますか?

ご主人:細かいところはありますけど、特にはないです。しっかり打合せして、考えて計画したからですかね。

奥様:挙げるとすれば、子供部屋の欄間ガラスです。子供が寝たら、廊下の電気はつけれないとか、吹抜けだから光が漏れることを気を使うだとか。でも、子供が大きくなって、部屋にこもるようになったら良かったと感じると思います。あとは、外のコンセントの位置です。物置を置こうと思っていたんですが、コンセントの位置の問題で、置ける物置の幅が限られてしまっています。プラン中は、そこまで考えていなかったです。

住み心地はいかがですか?

奥様:めっちゃいいです!床は気持ちいいし、漆喰のおかげで臭いも気にならないし。元々の家では、焼き魚・湿気の匂いなどが気になっていたのですが、換気しなくても大丈夫なくらいです。でもしっかり換気しないとカビがはえます・・・。気密性が良いだけにしっかり換気は必要です。

吹抜けのある家で、寒さはどうですか?

奥様:家を建てる前は、大丈夫かな?と思っていて、周りの人にも色々聞いたりしていました。実際住んでみて、シーリングファンのおかげか、上下の温度差はあまり感じないですし、1・2階が繋がるのが良いなと思います。

ご主人:音が響くという悪い面もありますが、2階の子供が泣いてもすぐ分かり、駆けつけることが出来るという良い面もあります。総合的にやって良かったと思っています。明るいし、広く見えて、開放感もあり、リビングにいるのが心地良いです。小上がりの和室に腰かけるのも好きです。

これから家づくりをされる方へアドバイスをお願いします。

奥様:何でも相談することです。素人の頭で考えてても限界があります。ざっくりしたことを伝えると、プロの目線で提案してもらえます。そして、何事も遠慮なく言った方がいいです。あとは、見学会はいっぱい行ったほうが良いです。注文住宅を建てる人はこだわりがすごいので、新しいアイデアをもらえるし勉強になります。

ご主人:言わなくて後悔するのは良くないと思います。私達はなんでも言っていたので、後悔がないんだと思います。あとは、予算も大事ですけど、少しずつケチって満足度が下がるくらいなら、諦めずにした方が良いと思います。ずっと住んでいくお家ですから。

Share

Archive

New posts

job