じょぶレターJOB LETTER

尼崎市S様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 S様-
お住まいになられて約1年が経つS様邸。計画地は19坪の狭小地で、3階建ての建物に囲まれた立地ながらも、南向きの特性を活かした設計手法で、広がりと明るさを感じれるお家に。リビングから繋がるバルコニー、見せる収納と隠す収納をバランスよく配置した造作キッチン収納など、拘りが沢山詰まったお家です。

家づくりのきっかけは何ですか?

奥様:主人の会社の社宅に住んでいて、いつか出ないといけないことと、上の子が小学校に上がるタイミングで引っ越せたらなと思ったのがきっかけです。

じょぶを知ったきっかけは何ですか?

奥様:お友達がじょぶでお家を建てていたのがきっかけで知りました。そのお友達の家では、2階に洗面スペースがなかなか確保出来ない状況だったのですが、社長さんの踊場に洗面をつけるというアイディアがきかっけで、当時私達は他社でプラン中でしたが、じょぶさんならもっと夢を叶えてくれるんじゃないかと思い、話を聞いてもらいに行きました。

じょぶに決めてくださった決め手はなんですか?

奥様:建てている家のテイストを見た瞬間から絶対ここだ!と思っていました。あとは予算さえあえばというぐらいの気持ちでした。他社と検討していましたが、構造も断熱もテイストもじょぶの方が良かったのが最終の決め手です。

家づくりで楽しかったことは何ですか?

奥様:色んな部分を決める時はすごい楽しかったです。現場に入って、実際に空間を見ながら、「ここにはあれが出来るんだな」と想像したり、現実的になっていくのを体感するのが楽しかったです。

反対に、大変だったことは何ですか?

奥様:私は水曜日休みの仕事なのですが、ショールームが水曜日に空いていないことが多くて、そこを合わせるのが大変でした。やっぱり1回行っただけでは分からないので、何回も行きたいけど・・・という気持ちでした。

こだわったところはどんなところですか?

奥様:お風呂の大きさ、壁紙の色、設備、キッチンの高さ、棚の扉を開き戸にするか引戸にするかなどなど・・・。すごく悩んで決めました。あとは、やっぱり収納スペースですね。いっぱい悩んだ拘りの部分です。

こうしておけば良かったと思うことはありますか?

奥様:洗濯機の水洗を混合水栓にしておいた方が良かったと思います。洗濯機の掃除をするのにも温かい方が臭いとかも取れますし、これから娘達が小学校で汚れてくると思うので・・・。あとは、動物を飼う時の事を考えて、床をかたい素材にしていれば傷がつきにくいかなと思いました。

住み心地はいかがですか?

奥様:いいです!1階はひんやりしますが、夏場は逆にひんやりするので丁度良く、冬は、ストーブがなくても、エアコンだけで、特に不便はないです。寒すぎたり、暑すぎたりを感じる事はないですね。風の通りは窓を全部開けるとスッと入ります。光も入り、とても明るいので、作業する時以外は昼間は電気を消しています。

これから家づくりをされる方へアドバイスをお願いします。

奥様:打合せしている時は、金銭面的な事をすごく考えていて、「これにしたいな」と思うものが高く感じていました。でも、ローンにしてみたら、月々の支払いは思ったより膨らまなかったので、「これ使いたいな」「こっちの素材にしたいな」と思ったことは、少々だったらやっても良かったのかなと思います。それと、将来動物を飼うなら堅い床にした方がいいと思います。あと、社長のアドバイスは本当に聞いておいて損はないです!

Share

Archive

New posts

job