お客様の声JOB LETTER

東大阪市M様邸のインタビュー

-じょぶの家のOB様 M様-

M様とは2015年4月に初めてお会いし、
当初は注文住宅の他にマンションや建売など幅広くご検討されていました。
なかなか希望に見合う土地が出ないエリアで、約4年の月日が経った頃、
お子様の学区は変わってしまいますが、良い土地に出会い、家づくりがスタート。
こうしたい!というイメージをしっかりとお持ちだったM様だからこそ出来た、
拘りの詰まったお家を是非ご覧ください。

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

奥様
元々は一戸建ての他にマンションも検討していたんですけど、2人目の女の子が生まれて、女の子だから収納が沢山必要だし、私達夫婦も服や靴が好きで沢山持っていたので、マンションの収納量だと足りないなぁと思ったんです。
そこで、一戸建てにしようと決まりました。

じょぶを知ったきっかけは何ですか?

ご主人
SUUMO注文住宅の雑誌や、駅に置いてあるフリーペーパーを見て、じょぶさんを見つけました。

奥様
じょぶさんと同じように、注文住宅で無垢材を使っている会社を探したり、マンション、建売、近所の不動産屋さん、不動産屋さんの自由設計のお家なども沢山見ました。
周りから見たら、同じ無垢材で、同じ注文住宅で、と思うかもしれないんですけど、じょぶさんは自分達が建てたいお家のスタイルに近くて。

沢山ある建築会社の中から、じょぶに決めた決め手は何ですか?

奥様
私は、担当者が石田さんだったからです。入社して間もない頃の石田さんが、頑張ってSE構法の話や、断熱材の話をしている姿に熱意を感じたし、その後の対応も良かったです。
完成見学会に行くと、1軒1軒お施主さんの拘りを考えて作られたんだなぁと伝わるものがありました。

ご主人
初めて本社に行った時に「こんな雰囲気の家が建てれるんだな」とイメージが出来たことが、決め手に繋がっていると思います。

お家で一番気に入っている所はどこですか?

ご主人
僕は1階のウォークインクローゼットです。天井が黒で、壁はモルタル調で、造作のハンガーパイプで、かっこいいイメージにしました。
2階のウォークインクローゼットや、家の他の場所にも同じようなテイストを取り入れても良かったかなと思います。

奥様
私は洗面室です。自分がやりたいイメージが全部叶ったなぁと思います。
ちょっとグレーの家のテイストに合う雰囲気で、可愛いコラベルタイルも使えて…

家づくりで楽しかったこと、大変だったことはありますか?

奥様
共働きで、家のことを考える時間がなかなか無かったので、毎朝4時くらいに起きて家の仕様を考えたり、金曜日や土曜日は朝3時くらいまで起きて夫婦で話し合ったりもしました。
夫婦共に拘りが強くて、やりたい方向性は似ていても、細かいところで譲れないことも多くて…。
でも、そこまでやった分後悔は無いし、頑張った分良いお家が出来ました。

ご主人
LDKの壁を全部グレーにしたいという僕の意見と、白でいいという妻の意見が対立したのが一番大変でした。
でも、担当の設計士さんが壁のパターンをパースで作ってくれて、アドバイスもくれたので、今のかたちに落ち着きましたね。

こうしておけば良かったというところはありますか?

奥様
エアコンの位置ですね。ダイニングにいると、風向き的に直撃してしまうんです…。
あとは、ウッドデッキの色が思ったよりも早く抜けてしまうので、樹脂製にしても良かったのかなぁと、そこは悩みどころですね。

お気に入りの場所を教えてください。

奥様
私はキッチンですね。
キッチンに立つと、ダイニングやリビングが見渡せます。
床を一段下げたところもお気に入りです。

ご主人
僕はダイニングですね。座っていると落ち着きます。

住み心地はいかがですか?

ご主人
良いです。比較的暖かいので、そこまで空調は使っていませんね。

奥様
家の住み心地はもちろん良いんですけど、幹太くん(ガス乾燥機)やミーレ(海外製食洗器)を取り入れたので、以前の家よりも家事がすごく楽になりました。
前は、帰りが遅い主人が帰ってきてご飯を食べてからまとめて洗っていたので、寝る時間も遅くなるし、洗濯物を朝畳んでいたんですが、今はボタン一つで全てやってくれるので、そこはお金を掛けて良かったと思います。

土地探しをされる方へのアドバイスはありますか?

奥様
私達は4年程土地探しをしていて、エリアを限定していたこともあって長い時間がかかったんですけど、振り返ると、土地選びに妥協しなくて良かったなぁと思いました。
色々と妥協したらすぐに土地は見つかっていたと思います。
時間がかかっても良い人であれば、拘るところは拘って、妥協しない土地探しをしてみるのはどうでしょうか?

これから家づくりをされる方へのアドバイスをお願いします。

ご主人
自分たちが思っているイメージをパースで確認しておくことをおすすめします。
パースで何度もイメージを掴んだことで、出来上がった時にイメージ通りに仕上がりました。
担当の設計士さんには申し訳ないくらい何度もパースを作ってもらいました。

奥様
沢山調べることです。
今なら、インスタグラムやピンタレストなどで参考になる実例が沢山見れます。
調べておけば「これやりたい」ということが見つかったり、「これやっとけば良かった」と後悔することも防げるので、使えるツールを使って沢山調べることをおすすめします。
私はインスタグラムをこれでもかという程見ました(笑)

Share

Archive

New posts

job